いぼでお悩みの方必見!安全に出来るレーザーによる切除方法

カウンセリング

治療法の種類

レディ

それぞれの治療法の特徴

いぼは、悪性のものであれば当然切除する必要がありますが、良性のものであっても見た目が気になるといった理由から取り除くことを希望する人も多いでしょう。比較的簡単な治療方法としては、市販薬を使ったり、民間療法を試したりというやり方もありますが、ちゃんとした効果が出ない場合も多いと言えます。ですので、一番確実なのは皮膚科や美容整形外科といった専門の医療機関に相談することでしょう。いぼの施術方法にもいくつか種類があるので、施術を受ける前にチェックしておきましょう。まず挙げられるのは、「レーザー」を使った治療です。レーザー治療では、患部に合わせて出力レベルの調整が行われ、できるだけ皮膚に負担がかからないように施術を行います。ですので、切除による出血や痛みも少なく済むというメリットがありますし、ピンポイントで切除が行われるため、傷跡もあまり残さない形での治療が可能です。治療期間については、いぼの数や種類にもよりますが、3ヵ月〜半年程度で済むと言われています。費用に関しては、医療機関によって差がありますが、1mmの大きさのもので2000〜5000円程度が相場だと言えるでしょう。次に挙げられるは、「液体窒素」を使った治療です。液体窒素による治療法は、比較的昔からある治療法です。マイナス196度という超低温の液体窒素を使って綿棒状の器具を凍らせ、それをいぼの部分に押し当てることで切除を行います。ただし、低温やけどを意図的に起こすというやり方になってしまうため、痛みが生じる場合もあるので事前によく説明をしてもらいましょう。そして、治療による傷口からのウイルス感染等がないようにケアを十分行う必要があります。治療期間については、切除治療を数回繰り返す必要が出てくる場合があるため、3ヵ月〜1年程度かかると言われています。しかしこの治療法は保険が適用されるケースも多いので、あまりお金をかけたくない場合に向いていると言えるでしょう。その他に挙げられるのは、「内服薬」による治療です。「ヨクイニン」と呼ばれる、ハトムギを乾燥させたものが東洋医学の内服薬として使用されます。このヨクイニンには、免疫力を向上させる効果があり、いぼの原因になるウイルスを弱める働きが期待できると言われています。直接的に切除を行うわけではないため、治療による痛みがないという点がメリットだと言えますが、効果が実感できるまでにかなり長い期間がかかります。また内服薬は、いぼの種類などによって効果が出にくいケースもあります。年齢を重ねるごとに発生しやすくなる老人性いぼや、子供がかかる確率が高い水いぼなど、種類は様々です。いぼの種類や肌の状態などをしっかりと医師に診察してもらったうえで、どの施術を行うか相談することが重要でしょう。